コンサルティング実績−その6

人事業務・システムの現状分析計
「府省共通人事システムのフィットアンドギャップ」 某府省/約5,600名
人事院が主導した霞が関官庁などを対象とした「府省共通人事給与システム」を、各省庁が利用する場合、不足する機能、カバーできない業務などを洗い出す必要があった。特に当該府省は職員やそこで支給される特殊な手当等があり、人事院が想定する職員給与の範囲を超える機能が要求される。
【課題】 ・当該府省の持つ諸手当の対応が人事院システムで対応が可能か
・当該府省の要求する機能を、どこまで人事院のシステムにバックポートさせるか、またはアドオン開発する想定にするか
・確定していない機能群についての、想定上のフィットアンドギャップを行うべきか
【コンサルティング内容】 ・当該府省の業務一覧作成
・当該府省の業務フロー図作成
・共通システムとの機能フィットアンドギャップ
・DFD等、標準システムドキュメントの作成
コンサルティング実績一覧に戻る

SUB MENU

メールマガジン発信中です

「人事情報システム開発室

inserted by FC2 system